セブ島の観光地の現在は?

初めてのセブ島旅行にオススメの「セブ市内観光」。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、各所観光地は休業が続いておりましたが、9~10月にかけて少しずつ入場可能なエリアが増えてきました。今回は「セブ市内観光」時にご案内する定番スポット「サン・ペドロ要塞」、「マゼラン・クロス」、「サント・ニーニョ教会」の現在をお届け致します。あいにく、ここ数日の間、セブ島では大雨洪水により天候が不安定のため、視察時もどんよりした雲模様でした。

セブ島の観光地の現在は?

サン・ペドロ要塞の現在は?

サン・ペドロ要塞の現在は?

■サン・ペドロ要塞(英語名:Fort San Pedro)※2020年10月現在※
・所在地:A. Pigafetta Street, Cebu City, 6000 Cebu
・営業時間:10時~17時(月曜日~土曜日 ※日曜日は休業日となります)
・入場料:30ペソ
・概要:スペイン統治時代に、外敵(海賊など)から町を守るために造られたフィリピン最古の要塞。敷地内は緑豊かな木々が生い茂り、市民の憩いの場、及び博物館としてオープンしております。

【続き】サン・ペドロ要塞の現在は?

【続き】サン・ペドロ要塞の現在は?

2020年10月現在、月曜日~土曜日の営業(10:00~17:00)で、日曜日のみクローズした状況です。入館時はマスク着用は義務付けれられておりますが、フェイスシールド着用の規制はありません。

入口付近では、お名前、住所、連絡先の記入が求められており、入場料支払い後に、警備員より検温チェックが実施されております。博物館内部の展示物の入替え、変更はなく以前のままとなっています。来訪者はコロナ禍、及び現在も外出許可証の規制に伴い、来訪者も少ない状況です。

マゼラン・クロスの現在は?

マゼラン・クロスの現在は?

■マゼラン・クロス(英語名:Magellan’s Cross)※2020年10月現在※
・所在地:P. Burgos St, Cebu City, Cebu
・営業時間:現在、建物内部への入場不可(外観からの見学のみ)
・入場料:無料
・概要:世界一周の航海途中だった「フェルディナンド・マゼラン」が、セブ島に上陸した際に建てたと言われる木製の十字架。

【続き】マゼラン・クロスの現在は?

【続き】マゼラン・クロスの現在は?

先ほどご紹介した「サン・ペドロ要塞」と同様に「セブ市内観光」時に訪れる定番のスポットです。普段は国籍問わず多くの観光客が訪れる場所でしたが、現在はコロナ禍の影響もあり、近隣の「サント・ニーニョ教会」の礼拝とあわせて訪れるフィリピン人がまばらに訪れる程度でした。なお、現在は建物内への入場はできませんが、外観から内部を見学することはできます。

サント・ニーニョ教会の現在は?

サント・ニーニョ教会の現在は?

■サント・ニーニョ教会(英語名:Santo Nino Church)※2020年10月現在※
・所在地:Pilgrim’s Center, Osmeña Blvd, Cebu City, 6000 Cebu
・営業時間:6時~19時
・入場料:無料(寄付制)
・概要:1565年に建てられたフィリピン最古の教会の一つ。幼きキリストの像が祀られている教会で、毎年1月の第三日曜日にはビサヤ地域最大のお祭り「シヌログ祭」が開催されることでも有名。

【続き】サント・ニーニョ教会の現在は?

【続き】サント・ニーニョ教会の現在は?

入場料は「無料(寄付制)」となりますが、入口付近には感染拡大防止対策のため、手を洗うスペース(液体石鹸も備え付けあり)が設置されておりました。手洗い後に、入口へ向かい、検温とIDチェックが行われます。なお、教会内は「マスク着用&フェイスシールド着用」が義務付けられており、不携帯の場合は入場ができません。

教会内部は以前と変わらず荘厳な造りでした。礼拝堂内は特に見学スペースが制限されるなど規制はありませんが、教会内にある宗教関係の展示物(キリスト像:触れるとご利益があると言われている)は、透明のビニールで覆うなどして、感染拡大防止対策を施していました。

各観光地を巡ったまとめについて

セブ島の代表的な観光名所は、入場規制が解除されたものの、海外からの観光客の受け入れをスタートしていないため、人々の往来はまだまだ少ない状態です。現時点のレベルとしては、フィリピン国内間の移動においても規制が厳しく、多くの人々が賑わうまでにはまだまだ時間がかかる見込みです。まずは、国内間の移動(首都マニラからの往来など)が自由にでき、コロナ感染が拡大しなければ、徐々に海外からの観光客の受け入れの準備も始まることが予想されます。また、セブ島の毎年恒例のイベント「シヌログ祭(毎年1月の第三水曜日)」は、現在のところ開催予定となっており、まだまだ油断できない日々が今後も続くことが想定されます。

 

<<おすすめ情報、ツアー特集は下記よりチェック!>>
■コミュニティ隔離措置、ガイドラインの種類についてはこちら!
■フェイスシールド着用義務化(フィリピン航空より)のご案内はこちら!
■セブ島旅行・ツアー特集はこちら!
■フィリピン旅行・ツアー特集はこちら!

現在のフィリピンの入国規制について

最新情報は下記よりご確認下さいませ。

■フィリピン航空より(フィリピン政府による入国制限について、英語サイト)
https://www.philippineairlines.com/en/ph/home/covid-19/arrivingintheph
現在(9/23付)、ビザ(査証)無しでの渡航(無査証短期滞在)は認めておらず、有効なビザを事前に取得頂く必要がございます。詳細はフィリピン共和国大使館のウェブサイトなどでご確認ください。

 

■フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォーム(英語ページ)
フィリピン政府よりフィリピンに到着するすべての方に新型コロナウイルスのPCR検査実施、ならびに検査結果が出るまで政府指定の施設で待機いただくことが求められております。フィリピン入国時医療申告用紙の電子フォームによる登録が義務化されております。各種、出発前に申請が可能です。入国時医療申告用紙電子フォームページより事前登録をお願いいたします。

※マニラ空港、セブ空港と対応方法が異なります。必ず各空港到着前までに手続きをお済ませください。
※2020年10月15日現在の情報となります。渡航規制の最新情報は、必ず各関係機関にてご確認ください

●マニラへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)
海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②Red-CrossのPCR検査申請(e-CIF)※渡航3日前からチェックイン前まで
https://e-cif.redcross.org.ph/

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card
https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施【無料】(②で取得したQRコードを提示)

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテルの割当

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

・外国籍の方
【チェックイン前の対応】
①PAL-eCIFのPCR検査申請 ※渡航3日前からチェックイン前まで
https://bit.ly/MNLPALeCIF

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③E-Health Locator Form / Arrival Card
https://bit.ly/MNLArrivalCard

【マニラ到着後の対応】
④降機後に体温チェック

⑤PCR検査実施/検査費用別途要【php4,500/人】(①で取得したQRコードを提示)※現金(現地通貨、又はアメリカドル)、GCash、PayPal、WeChat Payでの支払いが可能

⑥入国手続き(③で取得したQRコードを提示)

⑦検疫ホテル確認デスクへ

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

●セブへ入国のお客様(フィリピン航空をご利用時)
海外で勤務するフィリピン国籍の方
【チェックイン前の対応】
①OASISへの登録 ※渡航5日前までにお済ませください)
→ご一緒する家族は全て上記の手続きが必要となります
http://oasis.owwa.gov.ph/

②MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(②で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施【無料】/検疫ホテルの割当

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

外国籍の方
【チェックイン前の対応】
①MICA Passenger Arrival Registration Form ※渡航5日前からチェックイン前まで
https://mactancebuairport.com/covid-19-registration

②到着後に滞在する検疫ホテルの予約
検疫ホテルリスト(外部リンク/PDF形式)

【チェックイン後の対応】
③機内配布の入国カード(Arrival Card)の記入

【セブ到着後の対応】
④Validation Counter(①で取得したQRコードを提示)

⑤体温チェック

⑥PCR検査実施/検査費用別途要【php4,900/人】※現金(現地通貨)、又はVisaカードでの支払いが可能

⑦入国手続き(③で記入した入国カードを提示)

⑧受託手荷物の受け取り

⑨シャトルバスで指定の検疫ホテルへ移動

 

■フェイスシールド着用の義務付けについて
フィリピン政府は新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、フィリピン国内全土で8月15日以降、電車やバス、航空機などの公共交通機関を利用する際、従来のマスク着用に加えてフェイスシールドの装着を義務付けました。
フェイスシールドはお客さまご自身でご準備していただく必要がありますので、8月15日以降にご搭乗予定のお客さまは事前にご準備のうえご持参いただきますようお願いいたします。

 

■フィリピン共和国大使館より
https://tokyo.philembassy.net/ja/01announcements/advisory-visa-requirements-for-foreign-nationals-allowed-to-enter-the-philippines-while-under-community-quarantine/#nav-cat

 

■在フィリピン日本国大使館より
https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■在ダバオ日本国大使館より
https://www.davao.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

■外海外安全ホームページ務省
https://www.anzen.mofa.go.jp/

電話でのお申し込み・お問い合わせ

≪東京本社≫

03-3506-0757

営業時間 10:00~19:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始


≪大阪≫

06-6479-3561

営業時間 09:30~18:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始

Copyright (C) Kamome Corporation. All Rights Reserve