1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 乾燥にご用心!フライト中の肌を守る機内美容のコツ

乾燥にご用心!フライト中の肌を守る機内美容のコツ

 最終更新日  

乾燥にご用心!フライト中の肌を守る機内美容のコツ

長距離のフライトで気になる機内の乾燥。
肌に最適な湿度は約60%といわれていますが、機内はとても乾燥していて、その湿度はなんと20%以下になっています。
まるで砂漠のような環境の中に長時間いると肌には負担になります。
楽しいバカンスのはじまりに肌がガサガサ……なんてことは避けたいですよね。
今回は機内の乾燥から肌を守る美容のコツをご紹介します。

大きめのマスクで保湿効果

マスクをつけていれば自分の吐息でマスク内の湿度が上がって保湿できます。
目の下まで覆える大きなマスクがおすすめです。

ウェットフィルターを差し込んで使う濡れマスクだと、普通のマスクよりも潤いが長く続きます。
のどの乾燥や感染症の予防にもなりますし、一石二鳥ですね。

また目元の保湿にはアイマスクを使うと、同時に安眠効果も期待できます。

メイクオフのタイミングは一度目の食事の後

メイクしたままだと余計に乾燥する原因になるので、機内ではノーメイクでいることをおすすめします。
搭乗してから食事までの間はバタバタしがちですし、机の上に食べ物や飲み物があると落ち着いてできないので食事を終えてひと段落したところでゆっくり化粧を落としましょう。
食事の後は徐々に照明が暗くなっていくため、すっぴんでも目立ちません。

また化粧を落とすだけでなく、きちんと肌の保湿ケアをすることが重要です。
化粧水をつけただけでは水分が蒸発してしまうので、化粧水の上から美容液や乳液をぬってフタをして乾燥を防ぎましょう。
手荷物として機内に持ち込める液体の量には制限があるので、スキンケア用品をあらかじめ小分けにしておく必要があります。

時間があるなら搭乗前にメイクを落としてスキンケアを終わらせておくのもいいでしょう。
シートパックを使えば手軽に保湿ケアができます。
長時間のフライトなら途中で消灯するので、それから使用すれば周りの人にまじまじと見られる心配もありません。

濡れタオルを加湿器代わりに

おしぼりや濡れタオルを座席のテーブルなどにかけておくと、水分が蒸発して周囲の湿度が上がります。
簡単な方法ですがしっかり効果があります。
あっという間に乾いてしまうので、こまめに水で濡らしましょう。

水分を摂って体の中から潤す

化粧品などで外側から保湿するだけでなく、体の中にも水分補給しましょう。
常温の水をゆっくりと飲むことがポイントです。
一度にたくさんの水を飲んでも吸収できる量は限られていますし、冷たい水を飲むと血行不良や冷えにつながってむくみの原因にもなってしまうのです。

また長時間座った姿勢のままでいると代謝が落ちて体の隅々まで水分が行き渡りにくくなります。
水分を摂るだけでなく、足首をまわす、足の指を広げるなどの運動も取り入れましょう。

水分を摂って体の中から潤す

機内は想像以上に乾燥しています。なにも対策をしないまま過ごしてしまうと後悔することになるかもしれません。
メイクを落として化粧品で保湿ケア、大きめのマスクをつけておしぼりを広げておく。これだけでも全然肌の状態が違ってくるはずです。
機内での過ごし方を工夫して、現地についたら万全の状態で旅をスタートしましょう。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中