1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. パスポートの証明写真、キレイに写るためのコツは?

パスポートの証明写真、キレイに写るためのコツは?

 最終更新日  

パスポートの証明写真、キレイに写るためのコツは?

パスポートを更新するときに、かならず必要になるのが証明写真。
でも、特殊な状況で撮る証明写真は苦手、という方も多いですよね。
仕上がりに満足のいく写真はなかなか撮れないのではないでしょうか。
今回は証明写真ための服装、髪型、メイクのコツをご紹介いたします。

キレイに写る服を選ぶコツは?

■好印象を与える色選び
証明写真は、服の色と背景の色との相性が重要なポイントです。
背景が水色の場合は、白い服が光を反射して肌を明るくみせてくれます。

ですが、背景が白の場合は、洋服も白だと重なってぼやけた印象を与えてしまいます。
ワントーン濃い目の色を選びましょう。
襟ぐりが大きめに開いているデザインであれば、紺やグレーでも暗い印象は与えません。
ボーダーやストライプ、柄のものは印象がごちゃついてしまうので、なるべく無地の服を選んでください。

■首回りで差をつける
証明写真の服装は、首回りで与える印象がまったく変わります。
首元が詰まっているデザイン、例えばハイネックなどは顔が大きく見えてしまうので避けた方がよいでしょう。

顔の輪郭をすっきりと見せるには、鎖骨が見える程度に襟ぐりが開いているデザインを選んでください。
襟付きのシャツを着用する場合はボタンは1~2個開けて鎖骨をのぞかせたほうが、首元がきれいに見えます。
シャープな印象を与えたい方はVネックや深めのUネック、ふんわり優しい印象に見せたい方は丸首タイプがおすすめです。

髪型で清潔感を演出するには?

証明写真の髪型で、最も注意が必要なのは前髪です。
日常生活の中で好印象を与える前髪と、証明写真の中で好印象を与える前髪は違います。
顔に表情や動きがある場合は、割と重めの前髪でも違和感がありません。

しかし、証明写真のように正面を向いたまま表情も硬めの場合、前髪が重いと暗い印象を与えてしまいます。
前髪を流すなどして、少なくともおでこの半分は見せるようにしてください。

また、髪型によっては、光の加減で顔に影ができてしまうことがあります。
特に前髪をふんわりと浮かせたスタイルだと浮いた部分が影になりやすいので、証明写真の時はスプレーできっちり固めたほうが良いでしょう。

メイクのコツは、濃いめでしっかり!

証明写真を撮るときのメイクのコツは、普段より濃いめでしっかりメイクをすることです。
アイラインはくっきり引いて、アイシャドウも濃いめのカラーをしっかりとまぶたに載せます。
普段ナチュラルメイクの方には少し抵抗があるかもしれないですが、写真は実際見るよりも薄いメイクのような印象を与えるので、濃すぎるくらいが丁度良いのです。

特にアイメイクはいつもより濃く強くするのがポイントです。
チークやシェードはしっかり入れ、口紅はリップライナーを使ってしっかり唇の形も決めてください。
ラメ入りのものは、キラキラ反射してしまって清潔感ある写真が撮れないので控えてください。

パスポートの証明写真、キレイに写るためのコツは?

5年、10年と使用することになるパスポートなので、証明写真はできるだけきれいに写りたいですよね。
ぜひ、ご紹介したテクニックを実践して、自分で満足が行く証明写真を撮ってください。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中