1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. ケガをして救急車を呼んだ!とっさの判断をしては旅行保険が活用できない?

ケガをして救急車を呼んだ!とっさの判断をしては旅行保険が活用できない?

 最終更新日  

海外の救急車

「旅行中のケガや病気のときに頼れる」とされている海外旅行保険。しかし状況の選択次第では、頼れる結果にならないこともあると、ご存知の方は少ないと思います。
私も実際に救急車で運ばれる事態に遭遇して初めて知りましたので、ぜひ多くの方に正しい利用方法を知ってほしいと思います。
この先の旅行の参考になれば幸いです。

海外旅行先でケガ人発生、しかし健康保険がなければ救急車は動かない。

海外でケガ!
今回ご紹介するおはなしは、ツアー同行者のケガのトラブルです。
観光名所の狭い歩道。観光客でごった返す中、前方から血相を変えた男性が走ってきました。混雑していることもあって身動きが取れず、Sさんは男性をよけることができずにそのまま衝突してしまい、倒れて道路に叩きつけられてしまいました。
気が遠くなるような激しい痛みに耐えるSさん。近くにいた同行者のうち英語を話せるK氏が、持っていたスマホでとっさに救急車を呼びました。
まもなく着いた救急車の中に運ばれたSさんでしたが、救急車が動く気配はありません。ヤジ馬は増えるばかり。この国はどうも、保険がない患者は病院へ運べないそうなのです。
手厚い補償内容の海外旅行保険に加入していたSさんですが、保険証書も緊急連絡先もホテルに置いてあります。Sさんと同室のHさんが、Sさんの保険証書をホテルまで走って取りに行き、病院へはK氏が付き添うことになって、救急車はなんとか病院へ向かいました。

救急車が着いたところは治安が悪い地域の公立病院

Hさんと私で、ホテルに戻って日本の保険会社やツアー会社に連絡することになりましたが、私達があちこちに電話をかけている間、憤慨した様子のK氏から何度も電話が入りました。
「この街で最低の病院に運ばれたみたいだよ。周りはスラム街みたいなところ。他の重病人が次々運ばれてくるから、Sさん痛がってるのにずっとただ待たされてる。」「保険会社に言って、早く別の病院紹介してもらってよ!」
日本の旅行保険会社には一部始終を説明しましたが、転院はできないと言われてしまいました。診療代の建て替えも、提携病院ではないからという理由で保険会社は対応してくれず、K氏が全額立て替えました。またこれら一連の手続きを病院でするにあたり、スペイン語の国でK氏の英語は通じず、通訳者の手配もうまく行かず、K氏も大変な思いをしました。やっとSさんが診察してもらえたのは夜中過ぎだったそうです。
Sさんのケガの状態は幸いそう悪くはなく、痛み止めを処方されただけでツアーの旅程どおりに皆と一緒に日本に帰国できることになりました。

海外でケガや病気になったら、一般的にまず保険会社へ連絡するのが最初。

海外の病院の待合室
今回の経験を踏まえて皆さんに知っていただきたいのは、「救急車を呼ぶよりも、保険会社に連絡するのが先でなければならなかった」ことです。これは、海外旅行保険で病院へ行く際の一般的な手続きかつ基本中の基本です。
また後日、診療代を保険会社に申請するにあたり、領収書や診断書などが必要になります。現地から保険会社に電話をして、現地でしか入手できない必要書類をよく確認するようにしましょう。
なお日本の健康保険は、帰国してから申請すれば外国で支払った金額のうち一部は保障される可能性がありますが、日本の医療のやり方に照らし合わせて日本で治療した場合の内容での保障のみにとどまります。
この国にも設備の整った良い病院はたくさんあるのに、なぜSさんは最低の病院に連れて行かれてしまったのか?この理由は、日本の海外旅行保険は外国で信用がないことにあります。これは仕方がないこと、逆の立場で考えてみれば理解できると思います。その国において信用のある保険に加入している患者だけが、よい病院で診てもらえるのです。
外国人である旅行者が、現地で手厚い医療を受けるためには、加入した保険会社の提携病院を利用する必要があります。今回はこのような事情を何も知らずに、日本と同じ感覚で救急車を呼んでしまったことで、「支払い能力のない外国人」扱いされるというトラブルを呼び込んでしまいました。

まとめと教訓

実は、同じツアーには保険の外交員さんが3名いたのですが、このような状況の対処方法はどなたも知りませんでした。外国のことは日本からは分からない、実際に経験してみなければ知らないことはたくさんあるのだと痛感しました。今回のことは、ツアー参加者皆にとって、学びの多い貴重な経験になりました。
突発的な事故であるケガは、気をつけていて防げるものではありませんが、ケガや病気をした際の正しい対処方法を知ることが備えになると思います。
旅行中何も起こらないことが理想ではありますが、より安全な楽しい旅行となるよう、このおはなしがいつか誰かのお役に立てば幸いです。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中