1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. カナダ・アメリカ
  4. カジノの街ラスベガスでカジノ・デビューしてみよう

カジノの街ラスベガスでカジノ・デビューしてみよう

 最終更新日  

ラスベガスのカジノ

アメリカ ラスベガスは、ありとあらゆる「大人のお楽しみ」が揃う街です。カジノは、見るだけでも楽しいですが参加すると楽しさが倍増します。基本ルールさえ覚えれば簡単ですから、ぜひ実際にプレーしてみてはいかがでしょうか。

カジノってどんなところ?

華やかなカジノフロアはいるだけで楽しい

趣向を凝らしたテーマホテルが立ち並ぶラスベガスの「ストリップ大通り」。カジノもホテルによって少しずつ雰囲気が異なり、どこも24時間オープンしています。最も盛り上がるのは夜のショーの開演後の時間帯で、特に土曜の夜には国内の観光客が集まることもあり、派手に積み上げられたチップが一瞬で没収されたり、チップの山がさらに倍になったりするところもよく見かけられます。下見するにも参加するにも、盛り上がっているカジノがおすすめです。

服装マナーや持ち物、注意点は?

ラスベガスのカジノでの服装は、カジュアルでもOK、ドレスアップしてもOKです。冷房が効きすぎて寒いことはありますので、暑い季節に薄着で出かける場合も軽く羽織れるものがあったほうがよいと思います。
持ち物は、遊ぶためのお金とパスポート。入場には21歳以上の年齢制限がありますが、アジア人、特に日本人は若く見られて年齢確認されることがあります。パスポートはコピーではNGと言われることがありますので、原本を持つことをおすすめしておきます。
なお、カジノフロアでの写真撮影は禁止されています。

手軽にできるスロットマシンやビデオゲーム
スロットマシン

台に座って現金を入れるとすぐに始められるスロットマシンやビデオポーカー。他にルーレットやクラップスなどいろんなビデオゲームが揃っています。手軽で参加しやすいことは事実なのですが、私個人的には短時間でお金がなくなるだけのマシンだと思っています。

ディーラーのいるゲームを楽しんでこそラスベガス

ディーラーが仕切るゲームは敷居が高いように思えてしまうでしょうか。言葉の壁もある気がして、特に最初の一手はなかなか勇気がいるものです。でも始めてしまうと確実に楽しいので、ぜひ勇気を出して参加してみましょう。

最低賭け金「ミニマムベット」について

ゲームの賭け金は、毎回「ミニマムベット」以上なら基本的にいくらでもOKです。テーブルによって異なる金額が設定されており、時間帯によっても変わりますが、各テーブルの一角に分かりやすく出ています。初心者にはできれば$10など低めのところよいと思いますが、賑わう時間帯の人気のカジノでは一律高めになります。

カジノ・デビューのおすすめは「ルーレット」。テーブルの選び方は

ルーレット
ラスベガスもカジノも初めての方には、「ルーレット」がおすすめです。とりあえず「赤か黒か」「偶数か奇数か」に賭けるだけでもしばらく楽しめます。
なお、いきなり参加してもいきなり負けて終わる確率が高いたる、テーブルの雰囲気をしばらく観察して、調子よく勝っている人がいるところを選ぶとよいと思います。勝っている人に便乗して賭けるとよい結果にもなりやすいです。

ルーレットの遊び方(超基本のみ)

最も一般的な方法で説明すると、ゲームに参加するには、何回か遊べる分の現金をテーブルにまとめて置きます。ディーラーが1枚1~5ドルのカジノチップに交換してくれたら、ゲーム参加開始です。
ミニマムベット$20のテーブルとすると、例えば赤か黒かに賭けるときは$20ドル全部のカジノチップを1箇所に置きます。数字に賭けるときは、複数の数字に$20分を分けて置くこともできます。
ディーラーが回転盤にボールを投げ入れてジェスチャーで「no more bet」と合図したら、賭け受付は終了。数秒で結果が出て、当たったところに配当チップが積まれていきます。各自が配当を受け取ったらすぐに次のゲーム開始。テンポが速いので戦略を練りたいなら数回見送ってもかまいません。もしルールと違うことをしてしまっても、ディーラーがジェスチャーで教えてくれますから、言葉の心配はしなくて大丈夫です。

ゲームを終えるときは

手元のカジノチップがなくなったら、現金を足して続けるか、ゲームを止めるかです。
たくさん勝ったところやミニマムベッドには足りない金額が残ったところで止めたいときは、手元のチップ全部をディーラーに返す仕草をすれば、換金用のカジノチップ数枚と交換してくれます。たくさん勝ったときには、テーブルを離れるときにThis is for you. などと言いながら$5や$10のカジノチップを置くとよいようです。
換金用チップは、別のゲームのテーブルで出せばそのままゲームを始めることができますし、「Casher」の窓口に持っていくとドルの現金と交換してもらえます。使う額を決めて、両替をしておくことをお勧めします。

まとめ

若干長くなってしまいましたが、カジノ・デビューの参考になれば幸いです。
カジノフロアが華やかに盛り上がり、そして勝ちやすいとも言われている土曜日の夜の参加をぜひ目指して、ラスベガス行きツアーを選んでみてください。
楽しいカジノゲームですが、ギャンブル依存症にならないように気を付けてくださいね。

 
アメリカ・ラスベガスへのツアーを探す
 

 - カナダ・アメリカ

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中