1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 海外旅行は個人手配orツアー?メリットとデメリットをご紹介

海外旅行は個人手配orツアー?メリットとデメリットをご紹介

 最終更新日  

海外ツアー

海外旅行しようと決めたものの、個人手配にしようかツアーにしようか決めかねている方もいらっしゃるかと思います。どちらも一長一短ありますが、ご自分の希望に近いスタイルを選択したほうが、旅行の満足度は高くなるはずです。
この文章では、個人手配とツアーのメリット、デメリットをご紹介致します。記事を参考に、ご自分にとってベストな旅行を選択してみてください。

個人手配のメリットは?

個人手配のメリット
個人手配のメリットとして一番にあげられるのは、予算や好みに応じて、好きな行先や宿を選べるということです。
予算がない時はホステルやゲストハウス、Airbnb、B&Bなどに宿泊したり、贅沢したい時は5つ星ホテルや古城ホテルなどに宿泊したりすることができます。
街を観光したい時は中心部にホテルをとり、翌日の早朝に飛行機に乗る場合は、空港近くのホテルに宿泊するなど、利便性も考えて宿泊することが可能です。
旅慣れている方は、初日の宿だけ手配し、その後の宿は現地で選ぶという方法もとれます。この方法ならば、気に入った街に長めに滞在するなど、柔軟に旅を楽しむことができます。
行先は自由に選ぶことができるので、ざっくり予定を決めて、現地で知った観光スポットやイベントを見るのもありです。疲れたらホテルでお休みしたり、時差ボケや高山病対策のために昼寝したりすることもできます。
個人手配の場合、航空券を早めに手配したり、アジア系航空会社、経由便、LCCなどを利用したりすることで、旅行の費用を安く抑えることもできます。航空券の値段を比較するには、スカイスキャナーというサイトを参考にすると良いでしょう。

個人手配のデメリットは?

個人手配のデメリットとしては、すべて自分でしなければならないので、手続きが面倒くさい、ということが一番にあげられます。
個人手配の場合、旅行のおおまかなルート決めやその観光地に関するリサーチ、航空券とホテルの手配、パスポートの取得または残存期間の確認、英語以外の国ならばその国の言葉を勉強する、などを、すべて自分で行います。国によっては、アメリカのESTAのように電子渡航認証システムやビザの申請が必要なケースや、予防接種を受けなければならないことも。また、現地では航空会社により、72時間前までにリコンファームをしなければならないケースもあります。
旅行好きにとっては、旅に出る前のこのような作業も楽しいのですが、リフレッシュしたくて海外に行かれる方は、旅以外の部分ではできるだけ楽をしたい、と思われるかもしれません。
航空券やホテルは、早い時期(繁忙期は約1年前~半年前)に予約するほど値段が安いことが多いため、早めに旅行先を決める必要があります。しかし、キャンセルする場合、日本とは異なり、出発直前でなくてもキャンセル料がかかるケースが多いので、仕事の予定が急遽決まる方は予約しづらいかもしれません。
旅行直前にどうしても航空券を手配したい場合ですが、旅行会社に依頼すると、自分では考えつかないルートでチケットをとってもらえるケースがあります。わたしはゴールデンウィークの2週間前にプラハに行きたいと思って実際に行ったのですが、直行便が取れないため、成田空港から関西国際空港経由便で行くチケットを手配してもらえました。
個人手配はすべて自己責任なので、何かトラブルが発生した時が大変です。欠航や遅延、飛行機の乗り遅れ、ロストバゲージなど、すべて自分で対処が必要なので、交渉力も必要です。今までの経験から、語学力よりは度胸が重要だと思いました。
わたしはもともとあまり自己主張できないタイプの人間だったのですが、個人手配で旅を続けるうちにかなり鍛えられ、それが自信へとつながりました。いきなり飛行機の搭乗口や電車のホームが変わったり、ストにあったりすることもあったので、周りの状況を観察することの重要性なども学びました。
個人手配の場合、パスポートや貴重品を紛失した時のために、海外旅行保険の証書やパスポートとクレジットカードのコピーと緊急連絡先の控えを持参するなど、自分自身で何かあった時のために備える必要もあります。
荷物も自分で持ち歩く必要があるため、階段の多い観光地は大変かもしれません。

ツアーのメリットは?

ツアーのメリット
ツアーの一番のメリットといえば、やはり楽に海外に行けることがあげられます。旅の前に自分で何かを調べる必要もありません。特に、初めて海外旅行をする方は、ツアーで行くことをおすすめします。
わたしは初海外のツアーでは旅行日程表しか見てなかったので、ガイドブックくらいは持参して、もう少し詳しい情報を知れば良かったな、とちょっぴり後悔しました。もちろん、ツアーでしたら、添乗員さん、またはガイドさんによる説明は聞くことができますし、今ならばスマホをガイドブック代わりに使うこともできるでしょう。
ツアーでしたら、何かトラブルがあった時も、添乗員さんにおまかせすることができます。パスポートやビザの手配も、旅行会社に依頼可能です。ツアーバスを使うことが多いので、電車の遅延やストなども気にする必要はありません。バスで移動するので、ハードスーツケースも楽々運べます。
少し個人手配の気分を味わいたい方は、ツアーの便利さも兼ね備えたフリープランを利用すると良いでしょう。
どうしても行きたい、という場所はないけれど、直前に安く海外に行きたい方には、トラベルコというサイトの海外ファイナルコールがおすすめです。

ツアーのデメリットは?

ツアーのデメリットとしては、予定に縛られるということが真っ先にあげられます。安いツアーだと、提携しているおみやげ屋さんなどに連れていかれることも。早朝出発で、ホテルに到着するのは真夜中など、ツアーによっては過密スケジュールなものもあります。
団体行動のため、個人行動が好きな方には向いてないかもしれません。逆に、ツアーの中で気の合う人を見つけ、友人になれる可能性があります。
自由時間が少なかったり、食事するところを選べなかったりするのも、ツアーのデメリットです。しかし、食わず嫌いだったものを好きになる可能性もあります。わたしはパリで初めてエスカルゴを食べ、意外とおいしいことに気付きました。ツアーの食事に含まれていなかったら自ら進んでは食べなかったと思います。
ツアーによって異なりますが、お値段が安めのツアーの場合、少し規模が大きめのチェーンホテルを利用するケースが多いかもしれません。ツアーバスで移動することが多いため、町の中心部から離れたホテルに宿泊することも。ホテルが指定されていないツアーの場合、いくつかのグレードが指定されていて、その中から旅行会社が指定したホテルに泊まることになるので、希望のホテルに宿泊できない可能性もあります。

まとめ

ツアーor個人手配?
以上、個人手配とツアーのメリットとデメリットをご紹介しました。どちらを選ぶにしても、ご本人が楽しまれることが一番です。ぜひ、ご自分の旅のプランに合わせて、個人手配とツアーを使い分けてみてくださいね。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中