1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 絶景を求めて海外へ行くならば、おすすめしたいスポット3選

絶景を求めて海外へ行くならば、おすすめしたいスポット3選

 最終更新日  

絶景を求めて海外へ

日頃見ることができない絶景を求めて、海外を訪れる方も多いでしょう。
これからご紹介するスポットは、いずれ劣らぬ絶景観光地ばかり。海外旅行を検討されている方は、旅先を決める際に、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

パタゴニア

パタゴニア
パタゴニアは、アルゼンチンとチリにまたがる、南緯40度より南の地域を指します。パタゴニアの主な拠点は、カラファテとウスアイアです。
カラファテは、ペリト・モレノ氷河のあるロス・グラシアレス国立公園への玄関口となっています。ロス・グラシアレス国立公園は、1981年にアルゼンチンで初の世界遺産に選ばれました。12〜3月ころには、氷河が大きな音を立てながら崩れるところも見られるかもしれません。

ペリト・モレノ氷河
カラファテからは、フィッツロイ近くの町・エル・チャルテンにも日帰り可能。フィッツロイは、アウトドアブランド・パタゴニアのロゴのもとになった山で、ビーグル号の船長の名からとられました。
世界最南端の町・ウスアイアの南西にあるティエラ・デル・フエゴ国立公園では、蒸気機関車「世界の果て号」に乗ってみましょう。もともとは、囚人たちが木を運ぶために造られた鉄道です。

エル・チャルテン
チャールズ・ダーウィンが乗船したビーグル号にちなんで名づけられたビーグル水道では、 クルーズ船に乗りながら、ウミウやオタリア(南米に生息する大型アシカ)などを見ることができます。ペンギン島で、ペンギンを間近に見るのも良いかもしれません。

ペンギン島のペンギン

 
パタゴニアへのツアーを探す
 

カナディアンロッキー

カナディアンロッキー
カナダの西部に位置するカナディアンロッキーには、バンフ、ヨーホー、ジャスパー、クートニーという4つの国立公園があります。これら4つの国立公園と3つの州立公園は、「カナディアンロッキー山脈自然公園群」として世界遺産に登録されています。
カナディアンロッキーの拠点となるのは、バンフとジャスパーの町です。特に、バンフはカルガリー空港から車で約2時間、レイクルイーズにも車で約1時間なので、連泊するには最適なスポット。
エメラルドグリーン色の湖・レイクルイーズ、旧20カナダドル札のデザインに使われたモレーン湖、春から秋限定の観光スポット・コロンビア大氷原、ガラス張りの遊歩道・グレイシャー・スカイウォークにも日帰り可能です。車で移動すると、果てしなく続く広大な景色にきっと圧倒されるはず。

エメラルドグリーン色の湖・レイクルイーズ
カナディアンロッキーでは、ハイキング、乗馬、ラフティング、カヌーなどのアクティビティも楽しめます。思う存分、自然を満喫してみてください。
 
カナディアンロッキーへのツアーを探す
 

バルセロナ

バルセロナ
スペイン第2の都市・バルセロナには、世界遺産に選ばれたアントニ・ガウディの作品群、バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院があります。自然の造形から着想を得た個性的なガウディ建築、繊細で華麗なモンタネールによる建築、どちらのモデルニスモ(スペイン版アールヌーボー)建築も見逃せません。

サグラダファミリア
特に、わたしはサグラダファミリアに行って、壁面に文字が細かく掘られていることに、カタルーニャ音楽堂に行って、ちょっと地味目の外見と中身のギャップに驚きました。カタルーニャ音楽堂で聴くクラシックコンサート、おすすめです。グエル公園のカラフルなモザイク、実際に使われていたとは思えないようなサン・パウ病院の可愛さも見逃せません。
多くの観光客が行きかうメインストリート・ランブラス通り、カサ・ミラ、カサ・バトリョなどガウディの有名建築が立ち並ぶパセジダグラシア通りでは、歴史を感じる街並みの美しさだけでなく、ショッピングも楽しむことができますよ。

世界遺産に含まれているコロニアグエル
ガウディの作品の1つで、世界遺産に含まれているコロニアグエルは、モンセラットに行く途中の駅が最寄り駅。時間があれば、その先のモンセラットにもぜひ行ってみてください。
巨岩が立ち並ぶ風景に圧倒されてしまうかもしれません。ガウディは、この巨岩の形にも影響を受けて、作品を造ったそうですよ。

バルセロナ観光
バルセロナでは、世界遺産の建築群だけでなく、ピカソやミロなどの美術館めぐり、バルでタパスに舌鼓などの楽しみ方もできます。
 
バルセロナへのツアーを探す
 

番外編:ウユニ塩湖

定番のウユニ塩湖
南米・ボリビアの標高3,700メートル地点にあるウユニ塩湖は、世界遺産にはまだ選ばれていませんが、1度は見てみたい絶景スポットです。
欧米系の旅行者には、塩の大地が広がる乾季(6月~10月頃)が人気ですが、日本人をはじめとするアジア系の旅行者に人気なのは、ウユニ塩湖に水が貯まって鏡状になった雨期のシーズン。雨期に当たるのは12月~3月なので、大学を卒業する学生さんの旅行先としてもおすすめです。

定番のウユニ塩湖
ウユニ塩湖に着いたら、インスタ映え間違いなしの鏡映しの写真やトリック写真を撮影してみましょう。SNSに投稿すれば、いろんな方から“いいね!”がもらえるかもしれません。
夕日、星空など、時々刻々と移り変わり行く景色を見ていたら、日常を忘れること間違いなしです。ウユニ塩湖では、世界的にも珍しい塩のホテルに宿泊することもできますよ。


 
ウユニ塩湖へのツアーを探す
 

まとめ

以上、世界遺産でもある絶景3ヶ所+番外編1ヶ所をご紹介しました。
この記事を読んで、どこか気に入った場所が見つかったら、ぜひ旅行に出かけてみてください、きっと、ご自分なりの新しい発見があるはずですよ。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中