1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 海外旅行で疲れを軽減するためのポイント!出発前の準備から気をつけよう

海外旅行で疲れを軽減するためのポイント!出発前の準備から気をつけよう

 最終更新日  

空港で飛行機を眺める男性

たまには海外旅行に出かけたいけど、疲れることを考えると重い腰が上がらないという人はいませんか?

日本と言語や文化、治安が異なる海外では、常に気を張った状態になるため確かに疲れやすいです。遠く離れた国に行くことになれば、フライト時間が長くなり移動による疲れもあることでしょう。

しかし、海外に行けば異文化に触れられ、日本では見られない景色を見ることができ、美味しい本場の料理を楽しむことができる...疲れを超える魅力が海外旅行にはあります。

海外旅行で疲れすぎてしまわないために、少しでも疲れを軽減するための海外旅行の方法やポイントをご紹介します。
 

疲れない海外旅行のポイント:日本で準備すること

旅行計画を立てている風景

海外旅行で疲れないようにするには、海外旅行に出かける前から準備をしておく必要があります。日本でできる事前準備をしっかりとしておくことで、現地での疲れを最小限に抑えることができるでしょう。
 

フライト選びに気をつける

海外旅行が疲れる大きな要因の一つは、飛行機でのフライトです。ヨーロッパや南米など遠い国に行く場合はフライト時間が長くなるので、疲れも大きくなります。

海外旅行のフライトを選ぶ時は安さだけにとらわれず、乗り継ぎがなく到着できる直行便や、乗り継ぎ時間が少ないフライトを選びましょう。安いフライトでも乗り継ぎ時間が5時間以上など長いと、目的地に到着するだけで疲れてしまいます。

海外旅行の疲れを最大限に左右するフライトは、しっかりと時間をかけて選びましょう。
 

無理のないスケジュールを立てる

海外に到着したらたくさんの観光スポットを見て、美味しいご当地グルメを食べて...と、たくさんやりたいことがありますよね。しかし、現地でのスケジュールを考える際は、予定を詰め込み過ぎないように気をつけましょう。

食後に一度ホテルに戻って休憩する時間を取ったり、何も予定が入っていない予備の日を作るのはおすすめです。休息が取れるスケジュールの余白を作っておくと、現地で疲れてしまったとしても回復する時間ができます。
 

疲れにくい靴や服装

せっかく海外に行くのだからおしゃれしたいと思う人も多いと思いますが、海外旅行に出かける時はおしゃれよりも過ごしやすさを優先しましょう。特に移動が多い時や、山や森、石畳や舗装されていない道を歩くことが想定される場合は、歩きやすく疲れにくい靴を選ぶのがポイントです。

寒がりな人は、防寒具を忘れずに持って行きましょう。寒いと体力が奪われ、その分疲れやすくなります。日本より寒い国に行く時や、冬に旅行する場合は特に気をつけましょう。
 

疲れない海外旅行のポイント:現地で考慮すること

お皿に乗せられた料理

海外旅行中も疲れを最小限に抑えるように工夫することができます。現地で気をつけるべきことをご紹介します。
 

食事と睡眠をしっかりと摂る

海外であれもこれもやりたいと予定を詰めすぎて、食事がおろそかになったり、睡眠時間を削ったりしないようにしましょう。

食事でエネルギーをチャージし、睡眠をしっかり摂ることで1日の疲れを十分に和らげることができます。逆に食事や睡眠が不足していると、疲れは取れません。海外旅行中は食事と睡眠の時間をしっかりと摂ることを意識しましょう。

なお、海外では日本と食材や食事の量が異なるので、食べ過ぎで胃が疲れてしまわないようにも注意してください。
 

日本食や日本人に頼る

海外に出たら現地の食事を楽しみ、日本人とは関わらずに過ごしたいと考えがちですが、どうしても疲れてしまったら日本食や日本人に頼るのは悪いことではありません。

大きな街には日本食レストランがあります。胃が疲れたなと思ったら、日本食レストランで慣れている味で胃に休息を与えてあげるのも必要です。

旅の情報が少ない国や治安の心配がある国では、気を張るので街歩きをするだけでも疲れます。日本人ガイドのツアーが利用できる場合は、ツアーを利用するのも良いでしょう。
 

疲れない海外旅行のポイント:帰国後

スーツケースをもって歩く人

海外旅行の疲れは帰国後にやってくるとも言われています。旅行中はアドレナリンが出ているので疲れを感じにくいですが、日本でほっとした瞬間に疲れがどっと押し寄せるからです。

海外旅行から帰国した直後は、自宅でしっかりと休息する期間を取りましょう。できれば翌日は仕事を休み、予定を入れない方が良いですが、どうしても仕事に行かなければいけない場合は、残業はせず体を酷使しすぎないようにしてください。

時差のある国から帰ってきた場合は時差ボケもありますので、睡眠が乱れがちになります。時差ボケがなおるまでは、体力的に無理なスケジュールを入れないようにしましょう。
 

工夫次第で海外旅行の疲れは軽減できる!

海外旅行は日本と環境がガラリと変わるので、多少の疲れが出るのはやむをえません。

しかし、事前にしっかりと準備をし、現地でも疲れない工夫をすることで、海外旅行の疲れは最小限に抑えることができます。

海外旅行の疲れは帰国後に感じやすいので、帰国後も体にしっかり休息を与えてあげるようにしましょう。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中