【各国の入国条件】オセアニア

 最終更新日  

オーストラリア、シドニーの風景

ニュージーランド

ニュージーランドに入国可能な者
・NZ国籍者
・永住者(Permanent Residentビザ所持者)
・居住者(Residentビザ所持者)(但し国外で居住ビザを取得し、その後一度もNZに入国していない場合を除く)
・永住者・居住ビザ所持者の家族で、家族ビザ(relationshipに基づくビザ)を所持する者
・外交官
・通常NZを居所としているオーストラリア人又は永住者

・日本からの受け入れ状況:×
・PCR検査の有無と詳細:○
・現地到着後の隔離措置:NZ入国後は指定された施設における14日間の管理隔離が必要。
・外務省感染症危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在ニュージーランド日本国大使館 公式サイトへ
◆ニュージーランド観光局 公式サイトへ
現在、NZ入国後は指定された施設における14日間の管理隔離が義務付けられています。
(NZ政府の管理隔離全般に関するサイト)
管理隔離は事前にバウチャーを申請する必要があります。
施設の利用費用は原則自己負担となります。

(最終更新日2021年4月28日)

オーストラリア

到着するすべての渡航者に、到着港・到着空港の所在地にある指定施設(例:ホテル)での 14 日間の強制的な自己隔離が義務付けられています。
・日本からの受け入れ状況:×
※オーストラリア人及び永住者とその近親者、配偶者、未成年扶養家族、法的保護者のみ入国可能
・PCR検査の有無と詳細:○
・現地到着後の隔離措置:指定施設での14日間の自己隔離
・外務省感染症危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在日オーストラリア大使館 公式サイトへ

(最終更新日2021年4月28日)

 - ニュージーランド, 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中