1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. ハワイ
  4. 【各国の入国条件】◆リゾートエリア

【各国の入国条件】◆リゾートエリア

 最終更新日  

フィリピンのセブ島

ハワイ

「新型コロナの事前検査プログラム」の開始
ハワイ到着前の事前検査で新型コロナウイルスの陰性が証明できる場合に、ハワイ到着後の10日間の自主隔離が免除となる「新型コロナの事前検査プログラム」が11月6日(金)より開始されました。
ハワイ州保健局指定の医療機関での検査、陰性証明書を取得で通常必要な到着後10日間の自己隔離が免除となります。また、出発前にハワイ州の「Safe Travels Program 」へ登録し、健康状態や渡航情報の申請が義務付けられています。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要
・現地到着後の隔離措置:ハワイ州指定検査機関発行の陰性結果証明が無い場合は10日間の自己隔離
・外務省感染症危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)

◆在ホノルル日本国総領事館 公式サイトへ
◆ハワイ州観光局 公式サイトへ

(最終更新日2020年12月23日)

フランス領ポリネシア(タヒチ)

2020年7月15日より海外からの観光客受け入れ再開。国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明、ETISプラットフォーム(電子旅行情報システム)で事前に行う健康情報登録受領書の提示が必要です。
また滞在中は、タヒチ到着日から4日後の自己検査の実施をしています。

・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要
※国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査が必要
・到着後の隔離措置について:なし
※タヒチ到着日から4日後の自己検査の実施あり
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)

◆タヒチ観光局 公式サイトへ

(最終更新日2020年10月26日)

モルディブ

観光客を含む短期滞在者は、モルディブへ出発する96時間前に取得したPCR検査と検査結果の英文の陰性証明書をモルディブ到着時刻の24時間前までに出入国事前申告サイトより提出が必要です。

・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要
※出発する72時間前に取得したPCR検査が必要で、到着時刻の24時間前までに出入国事前申告サイトより提出
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在モルディブ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2020年10月26日)

パラオ

パラオに入国するすべての者は、それぞれの出発地にて、パラオへの出発前に少なくとも10日間の自主検疫措置を実施しなければならない。また渡航者は到着後14日間の強制検疫プラス7日間の自己隔離措置、3回のウイルス検査を行う。
・日本からの受け入れ状況:×
・PCR検査の有無と詳細:必要
※出発地における自主検疫措置開始時点及び出発前72時間以内に受診した2回のPCR検査の陰性証明が必要
・到着後の隔離措置について:必要
※パラオ政府が指定した施設での14日間の強制的な隔離措置の対象となり、新型コロナウイルス検査を受検。その後7日間の自主検疫措置を実施しなければなりません。
・外務省危険レベル2(不要不急の渡航は止めてください)
◆在パラオ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2020年10月26日)

 - ハワイ, 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中