1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 中米・カリブ海
  4. 【各国の入国条件】中米・カリブ

【各国の入国条件】中米・カリブ

 最終更新日  

メキシコ

メキシコと米国間の陸路国境における観光やレクレーション等を目的とした不要不急の移動は不可。日本からの入国は禁止ではありませんが、感染危険レベルは「レベル3」のため渡航は避けることが推奨されています。
・日本からの受け入れ状況:〇
・PCR検査の有無と詳細:不要
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在メキシコ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2020年10月26日)

キューバ

10月よりハバナ県以外で外国人の受け入れを再開していたキューバですが、
ついに11月15日よりハバナ・ホセマルティ国際空港のオペレーション再開が決定致しました。
商用便やチャーター便を中心にハバナへの乗り入れが可能となる見込みです。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要
※到着時に全到着客にPCR検査が実施されます。
・到着後の隔離措置について
※感染が確認された場合、指定の病院に入院する。
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在キューバ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2020年11月13日)

バハマ

2020年11月1日より到着の5日以内のPCR検査における陰性証明書の持参及び出発前に「バハマヘルスビザ」申請を完了する必要があります。
バハマ到着後に空港内で再検査があり、陰性の場合は隔離なしに入国が可能。またアメリカン航空でマイアミ空港発の場合は、搭乗前にCOVID19の抗原テストがあり、陰性の場合は、隔離なしの入国が可能です。
バハマ入国された方全員、ご到着後に(5泊以上いる方に限ります)第2回目のCOVID19抗原テストを行っていただきます。この際に陰性だった場合は、その後のテストを受ける必要はありません。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要(英文の陰性証明書必要)
※バハマ到着の5日以内のPCR検査が必要及び日本出発前に「バハマヘルスビザ」申請を完了する必要あり
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在バハマ日本国大使館 公式サイトへ
◆バハマ観光省 公式サイトへ

(最終更新日2020年11月10日)

ドミニカ共和国

入国制限が緩和され、外国人旅行者含め入国可能となります。
到着時の陰性検査証明書の提示は必要なくなりました。その代わりとして空港内で無作為に抽出された到着客に対して呼気によるウイルス検査が実施されます。
あわせて、空港では、ソーシャルディスタンスの確保、体温の測定、マスクの使用等の厳格な感染 予防措置が実施されます。
渡航者は、ドミニカ到着日より起算して72時間の健康状態を記載する報告書に記入・提出必要があります。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:不要
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在ドミニカ共和国日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2020年10月26日)

 - 中米・カリブ海, 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中