1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 中米・カリブ海
  4. 【各国の入国条件】中米・カリブ

【各国の入国条件】中米・カリブ

 最終更新日  

メキシコ

メキシコと米国間の陸路国境における観光やレクレーション等を目的とした不要不急の移動は不可。日本からの入国は禁止ではありませんが、感染危険レベルは「レベル3」のため渡航は避けることが推奨されています。

メキシコ当局からの指示により、
◆旅行者におけるリスク要因の特定に関する質問票(スペイン語ページ)
への事前登録が必要となります。

・日本からの受け入れ状況:〇
・PCR検査の有無と詳細:不要
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在メキシコ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2021年7月14日)

キューバ

2021年1月10日以降、全ての渡航者は、出発前72時間以内(乗り継ぎをする場合は最初の出発から起算)に実施されたRT-PCR検査の結果証明書の提示が必要となる。

また、全ての渡航者に対し、空港到着時に1回目、入国翌日から起算して5日目又は6日目に2回目のPCR検査を実施し、2回目のPCR検査の結果が陰性と判明するまでの間、居住者か非居住者かなどの違いに応じて定められた隔離場所にて隔離する(ただし、旅行会社によるパッケージツアー客は、空港で1回の検査を受けた後、結果が判明するまでホテルで待機となる。)。

入国には、新型コロナウイルス感染症をカバーする保険証書の携行が必要である。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在キューバ日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2021年8月11日)

バハマ

1. バハマに入国する全ての乗客は、到着前5日以内の日付の新型コロナウイルスのRT-PCR検査による陰性証明書及び健康査証(ヘルスビザ)の取得が必要となる(https://travel.gov.bs/)。到着後4泊以上する場合は滞在中に抗原検査を受検する必要がある。
2. 2021年5月1日以降、ワクチン接種を完了し、2週間を経過した者に対して、バハマへの入国時の事前検査を免除する(※)
3. ワクチン接種完了者に対して、バハマ国内のニュープロビデンス島、グランド・バハマ島、アバコ島、エグズーマ島及びエルーセラ島から国内他島へ移動する際、事前検査要件を免除する。
4. 新型コロナウイルスワクチン接種を完了している旨の証明が必要である。接種を完了していない者は、引き続き事前検査の陰性証明書が必要である。なお、ワクチン接種完了者であってもバハマ・ヘルス・トラベル・ビザの取得(事前渡航認証)は必要である。(有料)
※日本の自治体発行の接種証明書(ワクチンパスポート)の有効性については確認中
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:必要(英文の陰性証明書必要)
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在バハマ日本国大使館 公式サイトへ
◆バハマ観光省 公式サイトへ

(最終更新日2021年8月11日)

ドミニカ共和国

入国制限が緩和され、外国人旅行者含め入国可能となります。
到着時の陰性検査証明書の提示は必要なくなりました。その代わりとして空港内で無作為に抽出された到着客に対して呼気によるウイルス検査が実施されます。
あわせて、空港では、ソーシャルディスタンスの確保、体温の測定、マスクの使用等の厳格な感染 予防措置が実施されます。
渡航者は、ドミニカ到着日より起算して72時間の健康状態を記載する報告書に記入・提出必要があります。
・日本からの受け入れ状況:○
・PCR検査の有無と詳細:不要
・到着後の隔離措置について:なし
・外務省危険レベル:レベル3(渡航は止めてください)
◆在ドミニカ共和国日本国大使館 公式サイトへ

(最終更新日2021年4月28日)

 - 中米・カリブ海, 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中