悪天候で飛行機が欠航になった場合の対処法と注意点

      2016/11/09

悪天候で飛行機が欠航になった場合の対処法と注意点

台風や大雪などの突然の悪天候で、飛行機が欠航になってしまうと、予定を変えなければなりません。
自然災害などで飛行機が欠航になった場合、どのように対処すれば良いのでしょうか?
このような突然のトラブルへの対処法と、その注意点をまとめていきます。

航空会社のホームページで運航情報をチェック

悪天候で欠航になる可能性がある場合は、各航空会社のホームページにて運航情報を確認します。
その際に、天候に対して「調査中」「条件付き運航」などの案内があった場合は振り替えやキャンセルを手数料無しで行うことができます。
JAL、ANAなどの一般航空会社はもちろん、ジェットスターなどのLCC(格安航空会社)も対応してくれますので、まずは航空会社の情報を収集してみるところから始めましょう。

LCCを利用している場合に気をつけなければならないこと

ただ、便の振り替えは基本的に「自社の便のみ」となることは注意しておく必要があります。
一般航空会社は便の振り替えが当日中に出来る可能性もありますが、LCCは基本的に1つの機材を可能な限り運航させて、駐機時間は極力短いようにスケジューリングされている場合が多いのです。

そのため、予備の機材を用意できないことがあるため、仮に振り替えが出来たとしても、予約できる便が数時間後、あるいは翌日となる可能性があります。
「格安」で魅力的なLCCですが、欠航になった時点で旅行の計画を大きく見直さなければならないことは、心得ておきましょう。

要注意!飛行機以外の予約変更は自己負担

「航空費以外は自己負担」ということも忘れないようにしましょう。
例えば予定していた日に帰ることが出来なかった場合は、また新たに宿を取る必要がありますし、その宿に向かうまでの交通費もかかります。
「顧客を待たせているのだから航空会社の責任では?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、「悪天候での欠航」は航空会社都合のキャンセルには当たりません。
機材故障などで発生する欠航はJAL、ANAなどの一般航空会社であれば航空会社都合となるため保証がありますが、今回のケースで発生する費用は航空費以外は自己負担ということになります。

慌てない!スムーズに手続きを取るために

慌てない!スムーズに手続きを取るために

自分の便が欠航になりそうなら、まずは予約している航空会社からの情報を収集することが大切です。
複数の航空会社から予約を取っていると、突然の対応が求められた時に注意が必要です。
緊急時の手続きを円滑にするために、航空券を取るときには同じ航空会社で往復で一括予約することを検討しても良いかもしれません。
台風・大雪などの悪天候は予知することは出来ませんが、まさかの事態に陥っても慌てずに対処していきましょう。

 - 海外旅行おすすめ情報

電話でのお申し込み・お問い合わせ

03-3506-0757