ロングフライト時に気を付けたい“足のむくみ”対策

      2017/05/10

ロングフライト時に気を付けたい“足のむくみ”対策

ロングフライトはこれから始まる旅行への期待度が高まる時間でもありますが、長時間同じ姿勢を取り続けることとなりますので、どうしてもむくみが起こりやすい時間でもあります。

今回はロングフライト時に起こりがちな「足のむくみ」の対策法をご紹介します。

フライト前に「準備」が必要なむくみ対策

むくみが起こらないようにあらかじめ備えておくことが、むくみ対策の第一歩です。

・着圧式のタイツやソックスを着用する
むくみ対策グッズとして販売されている着圧タイツやソックスを準備しておきましょう。
特に「発熱タイプ」がおすすめです。機内は冷えが生じやすいのですが、この冷えもむくみの原因のひとつとして考えられています。
圧力と発熱の2つで冷えを効果的に予防していきましょう。

・温冷シャワーでむくみ予防!
むくみの原因のひとつに「血行不良」が挙げられます。
つまり、普段から血行を良くするように心がけることが大切です。
「温冷シャワー」はこの血行不良で起こるむくみ予防に効果があります。

方法は、お風呂上りに太ももから足首にかけて冷水シャワーと温水シャワーを交互に当てるだけ。
簡単に実践できるので取りいれやすいですよね。
冷水と温水を当てることで血管の収縮・拡張が行われ、血行が改善します。
普段の生活から取りいれたい対策ですが、当日の朝におこなうだけでも十分効果を得られるはずです。

フライト中にできるむくみ対策

その他にスリ対策として心得ておくべきこと

空の上にいてもむくみ対策は可能です。
旅行先に疲れを残さないためにも機内でも対策をおこなってください。

・機内ではしっかり水分補給を
水分をしっかりとらないと老廃物がたまりやすくなって、むくみにつながります。
フライト中はトイレに立つのがおっくうだからと水分を制限してしまう方もいらっしゃいますが、むくみを引き起こす原因となりかねません。
しっかりと水分補給をすることが大切です。

水分はとる場合はミネラルウォーターなどを選ぶと良いでしょう。
コーヒーは利尿作用のあるカフェインが多く含まれているため、むくみ対策として飲むにはあまり適していません。
また、糖分のとりすぎもむくみにつながるので、ジュースなども避けたほうが良いでしょう。

・足だけでできるストレッチでむくみを防ごう!
フライト中はあまり動き回ることができませんし、機内も決して広くありませんので、しっかりとしたストレッチは難しいでしょう。
しかし、足先を動かすだけでもむくみの予防は可能です。

方法は「足の指でグーやパーを作る」という非常に簡単なもの。
座りっぱなしでは足の血行が悪くなりがちですので、指先から血行改善を図っていきましょう。

フライト後はホテルでしっかりケアを

目的地にたどり着いた後は、まずホテルに荷物を置くという方も多いはず。
荷物を置いたらすぐに観光に行きたくなる気持ちもわかりますが、いったん足のケアに時間を使って、むくみ対策をおこなってください。
たとえばお風呂。温かいお湯につかりながら、ゆっくりと足をマッサージしてあげましょう。
ホテルによってはシャワーのみ設置されていることもありますが、この場合もしっかりと体を温めて、ベッドでゆっくりストレッチやマッサージをおこなってください。

海外旅行はあらゆることが思い出にかわりますが、可能な限り楽しい思い出を残していきたいですよね。
足のむくみを気にせずに楽しむためにも、フライト中にしっかりと対策しておきましょう!

 - 海外旅行おすすめ情報

電話でのお申し込み・お問い合わせ

03-3506-0757