ボラカイ島の基本情報

ボラカイ島に関する基本情報をご紹介します。
ビザやパスポートについてはもちろん、時差や通貨、言語など。ボラカイ島旅行前にぜひチェックしておきましょう!

人口
ボラカイ島全体の人口は約16,000人(2019年調査)
面積
約10平方キロメートル
言語
国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語および英語。80前後の言語がある。
宗教
ASEAN唯一のキリスト教国。国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%
気候・シーズン

年間を通じて温暖で、過ごしやすい気候が特徴。年間の平均気温は26~27度とまさに南国です。

季節は大きく6月~10月までの雨季、11月~5月までの乾季の2つに分かれています。
乾季の中でも3月~5月が特に暑く、「サマー」と呼ばれる時期。ビーチを満喫するベストシーズンです。
雨季と言っても日本の梅雨のように一日中雨が降り続くわけではなく、1~2時間ざっと降るスコールがほとんど。
また、8月~10月にかけては台風が多くなります。

時差

フィリピンは日本より1時間遅れです。
サマータイムは実施していません。

※日本が正午12:00の場合、フィリピンは同日の11:00です。

ビザ

30日間以内の滞在の場合、ビザは不要です。

パスポート

帰国時まで有効なものが必要です。

フライト時間

日本からはマニラ、セブ島までの直行便が運航されています。
マニラまでは約4時間~5時間、セブ島までは約4時間半~5時間です。
ボラカイ島へはマニラ、セブより飛行機でパナイ島(カティクラン空港又はカリボ空港)へ行き、車などでカティクランの港へ移動し、港からボートで渡ります。

通貨

フィリピンペソ(PHP)
1PHP=2.15円(2020年8月現在)

チップ

レストランなどではサービス料がすでに含まれているので、必ずしもチップを渡す必要はありません。
快いサービスを受けたときや、感謝の気持ちを感じたときに渡すと良いでしょう。

電圧

220ボルト、60ヘルツ。
プラグはA型、B3型、C型の3種類。日本と同じA型のプラグが多いですが、念のため変換プラグを持って行くとよいでしょう。

飲料水

水道水は飲めません。
ミネラルウォーターを購入するようにしましょう。

電話でのお申し込み・お問い合わせ

≪東京本社≫

03-3506-0757

営業時間 10:00~19:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始


Copyright (C) Kamome Corporation. All Rights Reserve