ラスベガスの見どころ

エンターテイメントの街、ラスベガス!カジノをはじめ、大規模なショッピングモール、レベルの高いショー、絶叫アトラクションなど、旅行者を楽しませてくれるコンテンツが満載の旅行先です。

アメリカ・ラスベガスでぜひ訪れたいスポットをチェックしましょう!

1カジノホテル

せっかくのラスベガス!一度はカジノに挑戦してみるのはいかがでしょう?ストリップには多くのカジノホテルが立ち並び、1階がカジノフロアになっています。宿泊客でなくても、もちろんOK。ほとんどのカジノが24時間営業なので、昼間でもゲームを楽しむことができます。

ラスベガスのカジノの年齢制限は21歳以上。また、サンダルや短パンなどラフすぎる服装はNGなので、気を付けましょう。

2フリーモントストリート・エクスペリエンス

ダウンタウンにあるフリーモントストリートのアーケード街は、450m以上も続くアーケードの屋根一面が液晶広告。日没になると、そのスクリーンを使った壮大なショーが行われます。55万ワットの音響システムと1,250万個のLEDライトによる光&音楽のショーは圧巻の迫力!

また、アーケード上部に張られたワイヤーを滑り降りる「スロットジラ」と呼ばれるアトラクションも人気です。

3ストラトスフィア タワー

ラスベガスで一番の高さを誇るタワーで、高さは地上350m。展望台からはラスベガスの街を一望でき、回転レストランもあります。

屋外展望台部分にあるのが、4つの絶叫アトラクション!展望台からせり出した回転ブランコ型のアトラクション「インサニティ」、タワーの108階からバンジージャンプする「スカイジャンプ」など…。絶叫マシン好き&勇気がある方はぜひ挑戦してみてください。

4ベラージオの噴水ショー

ストリップの中心にあるベラージオホテルの正面で行われる噴水ショーは一見の価値あり!毎日、正午から深夜にかけて15分~30分間隔で行われており、無料で楽しむことができます。

クラシックやポップスなどいろんなジャンルの曲と光に合わせて、24階の高さまで水が噴き上がるショーは大迫力です。夜のライトアップされたショーが特に人気。様々なパターンがあるので、何度見ても楽しめます。

5ラスベガスサイン

映画や海外ドラマなどで、誰もが一度は目にしたことがあるラスベガスサイン。1959年にできたこのサインは、メイン通り・ストリップの中央分離帯に設置されています。

人気の撮影スポットなので、順番待ちの列が長く続いていることも…。ぜひ記念写真を撮影して、ラスベガス旅行の思い出の一枚にしましょう!協賛イベントが行われているときは、色が変わることもあるそうです。

6グランドカナル・ショッパーズ

ラスベガス中心部のホテル「ベネチアン」の屋内ショッピングモール。イタリアのベニスをテーマにした施設で、アメリカにいながらイタリアの雰囲気…という不思議な気分を満喫できます。

室内を流れる約400mの運河には、ゴンドラがあるほど本格的!ゴンドラに乗ることもでき、船頭さんがイタリアでカンツォーネも歌ってくれるので、ショッピングの一休みとして乗ってみるのもおすすめです。

7ハイローラー

世界最大の観覧車で、その高さは約167m。最大40名乗れるガラス張りのキャビンで、30分かけて一周します。夜に乗れば、ライトアップされた美しいラスベガスの夜景を満喫することができ、とてもロマンチック。

オープンバー付きのキャビンもあり、お酒を楽しみながらラスベガスの街を眺める…なんて贅沢も!LEDライトのイルミネーションでライトアップされた観覧車の姿も見ごたえがあります。

8レッドロックキャニオン

ラスベガスから約30分で行くことができ、アメリカの大自然を感じられる場所!昔は海底で、地殻変動により地底の岩が押し上げられてできたと言われています。特徴的なのは赤い岩肌。岩に含まれた鉄分が酸化して錆びた状態のためです。

まるで西部劇の世界のような景色をゆっくりと眺めるのはもちろん、トレッキングや乗馬、ボルダリングなどのアクティビティも楽しめます。

電話でのお申し込み・お問い合わせ

≪東京本社≫

03-3506-0757

営業時間 10:00~19:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始


≪大阪≫

06-6479-3561

営業時間 09:30~18:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始

Copyright (C) Kamome Corporation. All Rights Reserve