スウェーデンの見どころ

多くの観光スポットがある首都ストックホルムをはじめ、魔女の宅急便のモデルと言われるヴィスビー、アイスホテルのあるユッカスヤルビなど、魅力的な場所がたくさんあるスウェーデン。女子旅やひとり旅にもおすすめです!

 

スウェーデン旅行でぜひ訪れたいスポットをチェックしましょう!

1ガムラ・スタン(ストックホルム)

北欧のベニスと称される水上都市で、ストックホルムの旧市街です。スウェーデン語で「古い町」を意味し、石畳の道、カラフルな建物、曲がりくねった路地とまるで中世時代に迷い込んだような雰囲気を感じられます。

小さな町で簡単に一周できるので、散策を楽しみながらゆっくりと歩いてみましょう。カフェやレストラン、かわいい雑貨屋さんなども多くあるので、お土産を買うにもぴったりです。

>>ストックホルムに泊まるツアー情報はこちら

2ストックホルム市庁舎(ストックホルム)

ノーベル賞の授賞記念晩餐会が行われることでも有名なストックホルム市庁舎。ヨーロッパの建築物から多くのアイデアを受けたモダンな建物で、メーラレン湖に浮かぶように立っています。

ガイドツアーに参加すると、市庁舎への入場が可能。1,900万枚もの金箔のモザイクで飾られた黄金の間、晩餐会が行われる青の間など見どころがたくさん!106mの塔から眺める街並みの景色も見逃せないポイントです。

3ストックホルム宮殿(ストックホルム)

13世紀中期に建設されたストックホルム宮殿。王室の居城として代々受け継がれた建造物で、なんと600もの部屋があります。王冠や豪華なシャンデリア、アンティーク家具などを鑑賞でき、スウェーデンの歴史と文化に触れることができる場所です。

毎日行われている衛兵の交替式では、鼓笛隊による演奏や衛兵の行進なども見ることができ、観光客から人気を集めています。

4ストックホルム市立図書館(ストックホルム)

世界一美しい図書館とも称されるストックホルム市立図書館。建築家グンナール・アスプルンドが設計し、北欧古典主義様式の最高傑作とも言われています。開館時間であれば、誰でも無料で入ることが可能!併設されたカフェで読書を楽しむこともできます。

3階まるごと書庫になっており、360度本に囲まれた世界はまさに圧巻!本好きや建築物好きではなくても、ぜひ一度は訪れたいスポットです。

5森の墓地(スコーグスシュルコゴーデン)

ストックホルムの郊外にある森の墓地。スウェーデン建築の父と言われるグンナル・アスプルンドとシーグルド・レヴェレンツによって設計され、世界遺産にも登録されています。

「死者は森へ帰る」というスウェーデン独特の死生観が表現された墓地です。5つの礼拝堂や墓地を訪れた人が過ごすための場所などが設けられており、季節によってさまざまな景色を楽しむことができます。

6ヴィスビー(ゴットランド島)

バルト海に浮かび、スウェーデン人のリゾート地としても人気のゴットランド島。中心地のヴィスビー旧市街は、『魔女の宅急便』のモデルになった町としても有名です。ヴァイキング時代の歴史的な街並みが残ります。

人気なのが教会廃墟巡り。廃墟となった教会や建物がそのままの姿で残されています。天井が抜けた青空教会なので、廃墟と言っても明るい印象で楽しめます。

7アビスコ国立公園

スウェーデンの北部に広がるアビスコ国立公園。夏にはトレッキングがおすすめ!「王様の散歩道」と名付けられているトレッキングルートが有名で、スウェーデンの大自然を実感することができます。

また、澄んだ空気と晴天率の高さから、観賞率が高いオーロラ観測スポットとしても人気!世界一観測に適していると言われる「オーロラ・スカイステーション」まではリフトで行くことができます。

8ユッカスヤルビ

芸術的なアイスホテルで有名なユッカスヤルビ。毎年異なる芸術家が手掛け、部屋ごとにテーマが決められています。すべてが氷で作られており、壁はもちろんテーブルやイス、シャンデリアなどのインテリアまで氷の神秘的なホテルです。

併設されたアイスバーは宿泊客でなくても訪れ、氷でできたグラスでお酒を楽しむという貴重な体験をすることができます。

電話でのお申し込み・お問い合わせ

≪東京本社≫

03-3506-0757

営業時間 10:00~19:00(月~金)
定休日 土・日・祝日・年末年始


Copyright (C) Kamome Corporation. All Rights Reserve