1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. カナダ・アメリカ
  4. ラスベガス ショッピング三昧におすすめのスポット

ラスベガス ショッピング三昧におすすめのスポット

 最終更新日  

ラスベガス ショッピング

カジノの街ラスベガスは、ショッピング好きの方にも夢のような街です。ギャンブルで勝てば財布の紐がゆるむ、そんな人々のニーズに素早く応えるためもあって、ラスベガスには規模の大きいショッピングスポットがいくつもあるのです。今回は、ぜひ行くべきところ、行きやすいところをご紹介してみたいと思います。

行きやすい、外せないショッピングスポット

まずは、ほとんどの観光客が滞在するストリップ地区にあって、徒歩やDuce(公共バス)で行ける立地のショッピング・スポットをご紹介します。

ファッションショー モール

ファッションショー モール
ストリップ地区で最も規模が大きいショッピングモールはこちらです。店舗数は約250。「TI トレジャー アイランド」の隣りにあり、大きな円盤が目印です。
主要ホテルから徒歩で行ける立地のよさ、また「メイシーズ」「ブルーミング デールズ」「ニーマン マーカス」「サクス フィフス アベニュー」などアメリカを代表する6つの百貨店を一気に回れる点もポイントです。

フォーラム ショップス アット シーザース

高級ブランドショップが多く、店舗数は160以上。特にアメリカ人に人気の高級カジノリゾート「シーザース パレス」のカジノフロアに隣接しています。
ローマのような雰囲気の街並みに造られており、天井は空のようになって青空になったり夕焼けになったりすることも有名です。1時間ごとに行われる無料アトラクションもあり、モール自体が観光スポットともなっています。

ショップ アット クリスタルズ

ショップ アット クリスタルズ
ストリップ地区の最新の大型かつ超高級ショッピングモールがこちらです。内部はモダンアート美術館のような前衛的なオブジェが目を引き、ブランドショップ、ジュエリーショップなどとにかく高級感があふれる洗練されたモールになっています。

各ホテルと連結するショッピングモール

img class="alignnone size-full wp-image-1577" src="https://www.kamometour.co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/01/12-04.jpg" alt="各ホテルと連結するショッピングモール" width="1280" height="854" />
各ホテルと連結するショッピングモールも見逃せません。
特に「プラネット ハリウッド ホテル」に隣接する「ミラクル マイル ショップス」と、「ベネチアン」に隣接する「グランド キャナル ショップス」の2つは、規模では先のモールに及ばない反面、見て回りやすく、個性的なショップも多いためお勧めです。

20~70%割引も当たり前のアウトレットモール

近ごろでは年式が新しく売れ残りではない品までアウトレット品として格安で販売されているため、最初からこちらを目指す方も増えています。ストリップ地区から行きやすいアウトレットモールは以下2か所です。(「ファッション アウトレット」は無料シャトルがなくなってしまい行きづらくなりました。)

プレミアム アウトレット ノース

高級ブランドが多く観光客向けとされ、日本人に最も人気があるアウトレットモールです。
ストリップ地区からはバスSDXのノース行きに乗って終点で降りればOK、簡単に行くことができます。タクシー利用の場合は、所要時間片道約10~15分、$20程度です。

プレミアム アウトレット サウス

「ノース」との違いは、屋内モールで涼しく買い物できる点です。また、こちらの方が庶民的なブランドが多いとされていて、地元の人々も多く、日用雑貨やキッチン用品、洋服もカジュアルブランドが多いとされています。
行き方はバスSDXのサウス行きに乗り、終点の一つ前で降りればOKです。タクシー利用の場合は「ノース」とほぼ同じです。

スーパーが好きな方へのお勧めは「ホール フーズ」

ホール フーズ
アメリカのスーパーが大好きな方も多いでしょう。お土産を選ぶのにもよいですよね。
現在最も行きやすいのは、ストリップ地区の南にある「ホール フーズ マーケット」です。「マンダレイ ベイ」前からだと車で5分かからない近場なんですよ。Duce、SDXの「サウス」行きに乗り「タウン スクエア前」で降りれば目の前にあります。

注意点

砂漠の真ん中にあるラスベガス、冬以外はショッピング中の暑さと日焼け対策に充分気を配りましょう。
また事前に各ショッピングモールのクーポンをダウンロードしたり、セール開催情報をチェックしたりしていくと、より充実したショッピングを楽しめると思います。
帰国の際のスーツケースの重量制限に気をつけながら、ショッピングを楽しみましょう!

 
アメリカ・ラスベガスへのツアーを探す
 

 - カナダ・アメリカ

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中