預けた荷物が戻ってこない!? 「ロストバゲージ」の対応方法

      2016/11/21

預けた荷物が戻ってこない!? 「ロストバゲージ」の対応方法

航空会社に預けたはずの荷物が、なかなかベルトコンベアから出てこない……。
こういった経験はありませんか? 長い時間待っても自分の荷物が見つからず、紛失扱いになってしまったことを「ロストバゲージ」と呼びます。

本来自分の荷物は自分のもとに確実に届くものなので、このような事態に陥ることはほとんどありませんが、万が一発生してしまった時、どのような対応を取るべきなのでしょうか?

■ロストバゲージが発生したらどのような扱いになるのか

ロストバゲージの原因は「荷物が他の飛行機に乗ってしまっている」という場合が一般的で、仮に見つかったとしても、すぐに手に入る可能性は低く、1、2日ほどかかって持ち主の手元に届きます。
しかし、航空会社に預けている荷物のほとんどは、着替えや化粧品など、生活に不可欠なものばかりなケースが多いため、1日手元に無いだけでも大きな問題になることばかりです。

荷物が完全に紛失してしまった場合は、航空会社が保証してくれますが、紛失はしておらず「別の場所にある」といった場合は、航空会社の弁償対象外となります。
航空会社によって洗面具やシャツなど、生活する上で最低限必要な「基本生活セット」をもらえたり、見舞金を出してくれるところもありますが、遅延に対する損害賠償などはできません。

■ロストバゲージを防ぐにはどうすればいいか

ロストバゲージの原因はヒューマンエラーによるものが多いので、被害をゼロにすることは出来ませんが、最小限に抑えることは出来ます。
ここでは簡単にできるロストバゲージのリスク回避法を紹介します。

・過去のタグ、シールは外す

空港を利用するたびにタグやシールを貼られますが、それが原因でロストバゲージを引き起こすことがあります。
オシャレ感覚で古いシールをそのままにしている方もいらっしゃいますが、ロストバゲージを防ぐためには外しておいたほうが賢明です。

・チェックインをした時点でタグを確認する

チェックインが済んだらその場で自分のタグを確認するようにしましょう。
自分の名前や行き先、利用する便の名前が正しく記載されているかチェックし、おかしいと感じるところがあれば、すぐに問い合わせるようにしましょう。

・必要性の高いものは手荷物にも入れておく

ロストバゲージになった場合を想定して、着替えなど生活必需品の一部を手荷物にも入れておきましょう。
手荷物は大きさや重さなど、さまざまな制限がありますが、可能な限り利用していくことで万が一の事態に備えることができます。

■意外と身近なロストバゲージ

預けた荷物が戻ってこない!? 「ロストバゲージ」の対応方法

荷物がなくなる確率は国や航空会社によってさまざまで、確率が低い航空会社では0.02%ほどですが、旅行会社によっては2%近くにもなり、決して他人事には出来ない問題です。
素敵な海外旅行を台無しにしないためにも、まずは自分で出来るところから、ロストバゲージ対策を意識してみましょう。

 - 海外旅行おすすめ情報

電話でのお申し込み・お問い合わせ

03-3506-0757