1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. カナダ・アメリカ
  4. 自然の奇跡!カナダのアイスバブルを見に行こう!

自然の奇跡!カナダのアイスバブルを見に行こう!

 最終更新日  

カナダ アイスバブル

アイスバブル、という言葉を初めて聞く方もいるかもしれません。それは冬にしか見られない自然現象です。実は日本でも北海道の阿寒湖や屈斜路湖で見られるのですが、条件がなかなか合わず、状態が良いのは年に数日だそう。カナディアンロッキーのアブラハム湖では、もっと高い確率でアイスバブルを見ることができます。
これからの時期、海外旅行に行くことを検討中でしたら、インスタ映え間違いなしの風景を撮影しに行ってみませんか。

アイスバブルってどんなもの?

カナダ アイスバブル
最近、冬のカナディアンロッキーの風物詩として人気になっているアイスバブル。透きとおった青い湖に、いろんな形の気泡が層になって凍る様子は、芸術的です。気泡の形は、パンケーキや真珠、くらげなどに例えられることも。水深の深い場所ほど、湖は濃い青色になり、大きなアイスバブルを見ることができるそうです。
アイスバブルは実はメタンガスでできています。枯れた葉や動物の死骸などが無酸素状態の湖の底に沈み、微生物がそれらを分解すると、メタンガスを発生。1日につき10~30リットルのメタンガスが、湖底から湧き出ているそうです。水温がマイナス30度になると、その気泡状態のメタンガスが湖面に浮かび上がる途中で凍り、乳白色のアイスバブルに変わります。メタンガスに火を近づけると危険なので、アイスバブルを見に行く時には、マッチなどは持ち歩かないことをおすすめします。
アイスバブルは湖面が雪に埋もれていない、風が強い時にしか見ることができません。

アイスバブルが見られるアブラハム湖ってどんなところ?

カナダ・アルバータ州のカナディアンロッキーにあるアブラハム湖は、1972年、ビッグホーンダムの建設に伴ってできたアルバータ州で最大の人工湖です。湖が造られた時に名前を公募し、19世紀に多くの冒険家のガイドをつとめた先住民・サイラス・アブラハムの名前をとって命名されました。カナディアンロッキーには他にも、アブラハム山など、彼の名にちなんだ場所がいくつかあります。
湖のすぐ横を通る道路は、デヴィッド・トンプソン・ハイウェイ。イギリス生まれの測量技師・デヴィッド・トンプソンは、カナダの地図を作った人物として知られています。
周囲をカナディアンロッキーの山々に囲まれるアブラハム湖。強い風が吹くことが多く、雪が積もりにくいため、最もアイスバブルを見るのに適した場所といわれています。
地元の人はアブラハム湖を数10年前から注目していたのですが、インスタグラムに地元の写真家たちがアブラハム湖の写真を投稿したことから、ネットメディアで一気に話題に。今では、海外から多くの観光客が訪れるようになりました。
カナダ アイスバブル
アイスバブルは個人で見に行くこともできますが、天候によってアイスバブルが見える場所が変わりますし、時期によっては氷が薄くなって湖に落ちる可能性も。ですので、ガイド付きのオプショナルツアーに参加することをおすすめします。
アイスバブルを見に行くオプショナルツアーは、ツアー会社によりますが、12月中旬から4月中旬ころまで開催されています。氷が1回溶けて、再度凍ると濁るので見られないこともあり、最も寒い1月中旬~2月初旬が見ごろの時期です。しかし、体感温度はマイナス25度を超えることもあるため、暖かい服装で訪れてみてください。
アブラハム湖には、車で訪れるツアーだけでなく、ヘリコプターで行くツアーもありますよ。
ブーツやアイゼン(クランポン)を履き、氷の上をざくざく踏みながら歩くのは、少しスリルがあるかも。アブラハム湖では、アイスバブルだけでなく、氷の亀裂(クラック)も絵になるので、ぜひ撮影してみてください。
通行止めなどでアブラハム湖に行くことができない場合、バンフから近いミネワンカ湖やバーミリオン湖などでもアイスバブルを見られる可能性はありますよ。

アイスバブルを見に行くおすすめツアープラン

カナダ アイスバブル
<カナディアンロッキー・バンフ滞在5日間>

1日目はカルガリー経由で、バンフに到着します。空港の送迎は、往復日本語ガイドが担当。滞在中も24時間日本語サポート付きなので、安心です。
2・3日目は、バンフに連泊します。オプショナルツアーで、アブラハム湖にアイスバブルを見に出かけてみましょう。
バンフで宿泊するムースホテル&スイーツは、バンフで一番新しいホテルです。バンフの中心部にあるので、ショッピングにも便利。スイートルームに宿泊すれば、簡易キッチン付きなので、スーパーマーケットで食材を買い込んで調理することもできますよ。ホテル内には、イタリアンレストランやスパ&屋内プールなどの施設もあります。
4日の午前中にはカルガリーに向かい、5日の午後には成田空港に到着。年末年始や祝日+週末を利用すれば、あまり有給休暇を取らなくても旅行にでかけることができますよ。

まとめ

自然現象のため、気象条件によっては見られないこともあるアブラハム湖のアイスバブル。そんなレア感も人気の秘密です。ぜひ、バンフに旅行に行かれる際には、立ち寄ってみてください。
 

 
カナディアンロッキーへのツアーを探す

 - カナダ・アメリカ

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中