1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. コンパクトにまとめる! 海外旅行の荷物パッキングのコツ

コンパクトにまとめる! 海外旅行の荷物パッキングのコツ

 最終更新日  

コンパクトにまとめる! 海外旅行の荷物パッキングのコツ

海外旅行に行くとき、「あれもこれも持っていかなくては!」と準備しているうちに荷物がゴチャゴチャになってしまう人も多いのではないでしょうか?
せっかくいろいろ持っていっても、スーツケースの中で見失ってしまうようではかえって不便になってしまいます。
荷物はできるだけコンパクトにすっきりとさせたいですよね。
そこで今回は、海外旅行の荷物をすっきりまとめるためのパッキングのコツをご紹介します。

洋服はクルクル巻いてコンパクトに!

まずはもっともかさばる洋服です。
クルクルと巻いたたたみ方をすることで、きっちりと詰めることができるだけでなく、ちょっとした隙間を埋めるために使用することもできます。
ニットなど丸めてもかさばるような衣類は、圧縮袋を利用してよりコンパクトにすることをおすすめします。

たたまずに入れる方法も

洋服が多い場合は、たたまずにスーツケースに入れるという方法もあります。
広げた状態で洋服を入れます。
はみ出た部分を折りたたんでいくだけでOK。
洋服の上に細かいものを乗せていけばきっちりと、そしてすっきりと詰めることができますね。
クッション性もあり、無駄なく詰めることができますよ。

壊れやすいものはタオルや洋服で巻いて

コテやドライヤーなどの電子機器は、そのまま入れてしまうと破損してしまうことがあります。
壊れないよう、タオルや洋服でくるんでからスーツケースの中央に入れるようにしましょう。
外側に衣類を詰めて囲み、中央部分に細かいものを詰めていくと、クッション性が高まり中身が動きにくくなります。

シャンプーなどは小さいものを用意

旅行先にシャンプーなどを持っていくことも多いですが、シャンプーやコンディショナー、ボディーソープなどの液体物はなるべく小さいものを用意しましょう。
小さい容器に移し替えてもいいですが、1回使いきりのサンプルなどを利用するのも便利です。
液体物は液漏れしないように袋を二重にして、ひとまとめにしておくといいでしょう。

なるべく隙間がないように詰める

なるべく隙間がないように詰める

スーツケース内に隙間ができてしまうことで、荷物が破損してしまうこともあります。
まずは荷物の量に合ったスーツケースを用意し、中身が動かないようにすることがポイントです。

とは言え、帰りに荷物が増えるから行きはなるべくスペースを空けておきたいという場合もあるでしょう。
そういう場合はハードキャリーを用意することが多いと思いますが、できるだけ片側にすべての荷物を詰め込むようにします。
バランスを見ながら詰めていきましょう。

以上、海外旅行の荷物パッキングのコツをご紹介しました。
荷造りの際の参考にしてみてくださいね。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中