1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 海外旅行って怖い!と思っている方におすすめしたいケース別対処法

海外旅行って怖い!と思っている方におすすめしたいケース別対処法

 最終更新日  

海外旅行って怖いの?

日本より安全な国はほとんどないから、海外旅行には行きたくない!と思われている方もいるかもしれません。
しかし、海外旅行に出れば、日本では見ることのできない風景や知ることのできない価値観、地元の方のやさしさに触れることもできるのです。海外に行くことをためらわれている方は、ぜひこの記事を読んで、思い切って海外旅行に出かけてみてください。

ひとり旅の方向け対処法

海外ひとり旅
海外にひとり旅に行く場合、頼れるのは自分ひとりきり。いやがうえにも緊張感が高まります。しかし、わたしの経験上、ひとり旅の方がスキを見せる場面が少ないため、意外とトラブルに合いにくい気がします。それは、自分が旅の主役で、何かあったらすべて自分に降りかかってくるので、下調べは念入りにすることが多いからでしょう。

また、ひとりだと話しかけやすいのか、いろんな方との出会いが多いのも、ひとり旅のメリットです。もちろん、自分が気になった店などにふらっと立ち寄れるのも、ひとり旅ならではかもしれません。ひとり旅に少し慣れてきた時のほうが、気が抜けやすいので注意が必要です。
 

日本から離れることの不安はどう解消する?

海外旅行に憧れつつも、海外に行くのは不安、と思われる方もいるかもしれません。友だちとツアーで初海外した時にはそんなことは考えなかったのですが、わたしもはじめて海外ひとり旅をしようと決めた時は、そう思いました。特に、行こうと思った場所がイタリアとフランスで、スリなどが多いといわれる地域だからということもありました。
しかし、パリにはツアーで行った経験があったこと、どうしても行ってみたい場所だったこと、旅行会社経由で航空券やホテルを手配するので、海外日本語ヘルプデスクがあることから、海外ひとり旅を決めました。

もし、日本から離れてみたいけれど、どうしてもここに行ってみたい!という場所がなければ、治安が良い場所や日本から近い海外にお試しで行ってみると良いでしょう。おすすめは、親日国である台湾や香港・マカオです。
 

ひとり旅の不安はどう解消する?

ひとり旅がまったく初めての場合、国内でまずひとり旅をしてみることをおすすめします。おそらく、その時にストレスを感じたならば、ひとり旅には向いてないと思われるからです。そういった方は、ご家族や友人と海外に行ったほうが良いでしょう。

ひとり旅の一番のハードルは、夜の食事問題だと思います。これに関しては、まずは日本で、ひとり夕食をとってみることをおすすめします。そうすれば、ファストフードやファミレスはハードルが低めですが、レストランはハードルがちょっと高めということに気付くはず。わたしの場合、居酒屋やバーにひとりで行ったこともありますが、これらも女性にとっては少しハードルが高いでしょう。
海外でも日本と同じく、夜のレストランはひとりで入りにくいこともあります。そんな時は、フードコートやデパートのレストラン、カフェを利用したり、スーパーやコンビニでテイクアウトして部屋で食べたりするのもありです。

また、旅行サイトの旅仲間募集ページなどで、夕食を食べる人を募るのも良いかもしれません。わたしも一度応募して、ひとり旅の女性ふたりと一緒に食事したことがあります。
もしかしたら、現地の方に食事に誘われるケースもあるかもしれません。その場合、あまりにも親切すぎる人には注意が必要です。実は睡眠薬強盗という可能性もあるからです。
 

海外でトラブルがあったらどうしよう?

これはひとり旅に行こうとする方ならば、誰しも考えることだと思います。
その際に役立つのは、旅行者のブログや、旅行先の観光局のWebサイト、地球の歩き方や4トラベル、トリップアドバイザーなどの口コミサイト、旅行のガイドブックなどです。旅に出る前に事前にリサーチしておけば、ある程度、トラブルを回避することができます。
口コミサイトには掲示板機能もあるので、知りたいことを質問すれば、旅行者から回答をもらうこともできます。トリップアドバイザーの場合、英語版の掲示板のほうが回答をもらえるケースが多いです。
リサーチの際には、その国ならではのマナーなども合わせて調べておくと良いでしょう。

また、海外旅行に出発する前には、海外旅行保険に加入するようにしましょう。クレジットカードに海外旅行保険が付帯されているものもありますが、保証金額が少ないケースもあるので、独自に海外旅行保険に加入することをおすすめします。
海外旅行保険に加入していれば、スリや交通事故などにあった際にも保証されます。キャッシュレスで治療が受けられる緊急医療アシスタンスサービスが含まれている場合もあるので、何かあったときも安心です。

海外では食べ物が合わなくて、体調不良になるケースもあります。日本よりも薬の効き目が強いケースが多いので、風邪薬・下痢止めなどは、日本から持参すると良いでしょう。
テロなど治安面に対しての不安に関しては、外務省の海外安全ホームページで事前に情報をチェックするだけでなく、「たびレジ」登録すれば、最新の安全情報をメールで受け取ることもできますよ。
言葉に関しては、最近はスマホの翻訳機能もありますし、辞書や会話帳を持参したり、紙に絵や文字を書いて質問したりする方法などもあります。
 

女子旅ならではの対処法

海外女子旅
女子旅の場合、海外でも日本と同じようにおしゃべりに夢中になってしまうケースもあるかもしれません。そんな時でも、地下鉄や電車の中では、自分の荷物に注意を払うようにしましょう。ショルダーバックは斜めがけにして、チャックを手で押さえる、リュックは前に抱えて、手で押さえるなどです。スリは観光客のスキを狙うケースが多いです。

女子旅ならでは、といえば、セクハラなど男性に関する問題があります。タクシーは安全といわれていますが、密室なので、特にひとりの場合、注意が必要です。わたしは極力、タクシーには乗らないようにしています。
また、夜出歩くこと、人通りのない道を歩くこともなるべく避けましょう。空港や駅にも、極力、日没時間までに到着することをおすすめします。

ホテルは値段重視で選ぶと、治安が悪い場所であったり、歓楽街であったりする場合もあります。事前に口コミやGoogleマップのストリートビューなどを見て、女性だけで宿泊しても大丈夫そうかどうかをチェックしましょう。少し値段が上がったとしても、安全な地域を選ぶことで、無事に旅を終えることができます。
 

まとめ

海外旅行
今回の記事を読んだことで、海外旅行に余計不安を覚えた方もいるかもしれません。そういう方には、ひとりから参加可能な、フリータイムが多めのツアーをおすすめします。ツアーでしたら何か困った時にも安心ですし、ひとり旅の自由さも適度に味わえるからです。フリータイムが多いツアーに参加して、通常のツアーでは感じられない楽しさに気づいたら、次回は個人旅行してみるのも良いかもしれませんよ。
 
一人でも安心の旅を♪ひとり旅専用ツアーを探す

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中