1. 海外旅行・ツアーTOP
  2. 旅コラムTOP
  3. 海外旅行おすすめ情報
  4. 海外旅行前にiPhoneの設定を確認!高額請求を防ぐ設定と旅行中の使い方

海外旅行前にiPhoneの設定を確認!高額請求を防ぐ設定と旅行中の使い方

 最終更新日  

海外旅行に出かける前にiPhoneの設定を見直したいけどどうすれば...と思っている人はいませんか?

設定を忘れて海外旅行に出かけてしまうと、思わぬ高額請求になる可能性があるので注意が必要です。

海外旅行前に変更しておくべきiPhoneの設定と、海外旅行中の賢いiPhoneの利用方法をご紹介します。海外旅行に出かける前に今一度チェックしてみてくださいね。

日本出国前に変更しておくiPhoneの設定

海外旅行の際のiPhoneの設定

海外でのスマホ利用は日本での利用とは異なる料金設定となっています。

日本にいるのと同じ感覚で海外で通話やインターネットの利用をしてしまうと、高額請求となってしまうことも。自発的にインターネットを閲覧したり、SNSを見ていなくても、バックグラウンドで通信が行われることで課金が発生してしまうことがあるので注意が必要です。

iPhoneの設定を変更するタイミングは日本出国前。空港でチェックインを済ませたら、搭乗までの間にiPhoneの設定を変更しておきましょう。

データローミングのオフ

飛行機に登場する際は「機内モード」の設定が必要ですが、海外旅行先で「機内モード」を外した後に勝手にローミングされることを防ぐため、まずは「データローミング」のオフ設定を行います。

※データローミング(国際ローミング)とは
データローミング(国際ローミング)とは、海外旅行先で日本の携帯会社が提携している現地キャリアの電波を利用して通信することです。海外でもiPhoneが利用できる反面、日本の料金プランは適用されず従量課金の国際ローミング料金が発生します。データ通信の場合はデータローミング、音声通信の場合は音声ローミングと呼ばれます。

iPhone>設定>モバイル通信の「通信のオプション」の項目で「データローミング」を解除しましょう。再びモバイル通信の画面に戻った際に「ローミングオフ」の状態になっていれば設定完了です。

この設定を行っておくと、海外旅行先に到着した際に勝手に現地キャリアの電波に接続されることがありません。

モバイル通信のオフを行うと日本国内でのデータ通信利用もできなくなりますが、「データローミング」のオフのみであれば日本国内でのデータ通信利用はできます。

4G設定のオフ

データローミングの設定をオフにした場合でも、日本からの音声通信は受信します。日本からかかってきた電話でも、海外旅行先で通話を開始した場合は海外利用料金として海外にいる受信者の方が負担することになります。

海外旅行先にいる時は電話がかかってきても出ないよう気をつければ良いのですが、電話がかかってくること自体も避けたいという場合には「4G設定」のOFFをすることで回避できます。

iPhone>設定>モバイル通信に「4Gをオンにする」という項目がある場合は、それをオフにすれば電話を受信することがありません。

※iPhoneのバージョンによってはこの設定がない場合もあります。

機内モード

データローミングと4G設定のオフが完了したら、海外旅行先で勝手に通信が始まってしまう心配はありません。飛行機に乗る前にiPhoneを「機内モード」にしておきましょう。

なお、海外旅行先で電話を受け取ることが一切ないのであれば、「機内モード」のままにしておくのも一つの手段です。「機内モード」でもWi-Fiを利用することはできるので、「機内モード」のまま現地のWi-Fiを利用することもできます。

「機内モード」に設定していれば、現地キャリアの電波を使って勝手に通信されることはありません。ただし、電源をオンオフした際に「機内モード」が外れてしまう時間があるので、「データローミング」の設定は必ずオフにしておきましょう。

iCloud同期とアプリの自動アップデート設定

海外旅行先で利用できるWi-Fiルータを日本から持参したり、現地のSIMカードを購入する予定がある人が注意したいのは、iCloudの同期設定とアプリの自動アップデートの設定です。

大量の同期をiCloudで行ったりアプリの自動アップデートを行うことで、データ通信量を圧迫してしまう可能性があります。せっかくWi-Fiルータを持って行ったのに、最初の2日で契約通信量を使い切ってしまったということにもなりかねません。

iCloudの同期設定は、iPhoneの設定>一番上の自分の名前部分をタップして「iCloud」で行います。同期する項目を選ぶことができるので、データ通信量を圧迫しそうな写真(マイフォトストリーム)は同期オフにしておきましょう。

アプリの自動アップデート設定は「iCloud」の下にある項目「iTunes StoreとApp Store」で行います。「Appのアップデート」をオフにしておきましょう。

海外旅行中にiPhoneを利用する方法

海外旅行の際のiPhoneの設定

海外旅行先でもいつも通りiPhoneを利用したい、でも高額請求は避けたいという人のために、以下3つの方法をご紹介します。

現地の無料Wi-Fiを利用する

一番簡単なのは、現地の無料Wi-Fiを利用することです。

国によっては日本より無料のWi-Fiスポットが充実していることもあり、街中や飲食店の中、観光スポットなどで無料Wi-Fiが利用できます。宿泊施設の中は無料Wi-Fiがある場合が多いでしょう。

無料Wi-Fiがあまり見つからない国では、宿泊施設以外で利用できない可能性もあるので、旅行先のWi-Fi事情を事前に調べておくと良いでしょう。

海外で使えるWi-Fiルータをレンタルする

海外旅行先でも利用できるWi-Fiルータはたくさんあり、海外パケット料金定額のサービスよりもリーズナブルです。

日本でレンタルすることができるので、現地に行ったらすぐ使えるのが魅力。iPhoneでWi-Fiが利用できる状態であれば、機内モードでも利用が可能です。

コンパクトなWi-Fiルータも出ていますが、スマホとは別にもう1デバイス持ち歩かなければいけないのはデメリット。バッテリーを消費しやすいので、充電器も忘れずに持って行きましょう。

現地のSIMカードを購入する

ある程度旅行期間が長い場合や、海外旅行先の国内で頻繁に電話を利用する可能性がある場合は、現地のSIMカードを購入するのがおすすめです。

海外旅行者でも契約できるのはプリペイドタイプのSIMカード。国にもよりますが、安ければ1ヶ月1,000円程度で購入することができます。

デメリットはSIMフリーのiPhoneでなければ海外のSIMカードが使えない点です。事前にSIMフリーのiPhoneかどうか確認しておきましょう。

海外旅行中にiPhoneを利用するなら注意点を確認しておこう

海外旅行中にお金の心配なくiPhoneを利用したいなら、事前の設定をしっかり行っておくことが大切です。

飛行機に搭乗する前にiPhoneの設定を確認し、旅行先で安心してネット利用やSNSのやりとりを行えるようにしましょう。

 - 海外旅行おすすめ情報

最新情報や現地の写真をSNSで発信中!

LINE@友だち追加で1000円OFFクーポンプレゼント中